スタッフブログ

スタッフブログ

小中学生に多い膝痛

左路

みなさん、こんにちは。

最近はさらに朝晩冷え込んできましたね。

気付けば今年もあと1ヶ月ちょっと

2019年はいかがでしたか?

 

 

さて今日は、小中学生のスポーツをやっている方に特に多い

オスグットシュラッター病についてお話しします。

名前を聞くとなにそれと思われる方も多いと思いますが、

私や私の周りにもオスグットになったという方はたくさんいますが

決して治らないわけではないのでご心配はいりません!!

 

 

原因としては

骨が力学的に弱い時期に、日常生活動作やスポーツ活動で大腿四頭筋という太ももの

筋肉が膝の少し下の脛骨粗面という場所を繰り返し牽引することで痛みを発生します。

 

 

ランニングや階段の昇降など大腿四頭筋を強く収縮させる動作時に、

膝下に痛みが見られます。

症状が進行すると、脛骨粗面部の膨隆が著しくみられるようになります。

骨化が完了する18歳頃には症状が消失します。

なお脛骨粗面部が膨隆したまま治癒する場合もあります。

 

 

 

治療方法としては

運動前に十分なウォーミングアップや

運動後にはアイシングをし炎症を抑えるようにします。

これをすることによって症状は多少なりとも緩和します。

 

 

このような症状があるかたは、お問合せだけでも構いませんので

ご連絡下さい。

 

では今日はこのあたりで失礼します。

 

 

 

栗東で鍼灸整骨院をお探しなら

栗東で鍼灸整骨院をお探しなら、えがお鍼灸整骨院 栗東院にお越しください。
当院では腰痛、肩こり、手足の関節の痛みなどの健康保険の対象となる治療はもちろんのこと、交通事故によるケガの適切な治療をすることができます。
病院に通っていてもなかなか改善しないむち打ち症に関しても、交通事故治療の専門家が患者様一人ひとりの症状に合った治療を施していきます。