スタッフブログ

スタッフブログ

腰部脊柱管狭窄症

田渡

みなさん、こんにちは!

今回は腰部脊柱管狭窄症についてお話させて頂こうと思います。

脊柱管は背骨、椎間板、関節、黄色靭帯などに囲まれた脊髄の通るトンネルの事です。

年齢をかさねると背骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、黄色靭帯が厚くなったりして神経の通る脊柱管を狭くなって、それによって神経が圧迫を受け、神経の血流が低下して脊柱管狭窄症を発症します。

中高年に発症することが多く見られます。

 

この症状で特徴的なのは長く歩くことが難しくなります。

休憩と歩行を繰り返す間欠跛行が見られます。

腰痛はあまり強く出ず、安静にしている時はほとんど症状が出ませんが、背中を伸ばして立ったり歩いたりすると、太ももや膝下からしびれや痛みが出て歩きずらくなります。

少し前傾姿勢になったり、座ったりするとしびれは軽減されます。

予防としては日常生活の姿勢を正しく保つ必要があります。

些細な事でもお気軽にご相談ください。

 

栗東で鍼灸整骨院をお探しなら

栗東で鍼灸整骨院をお探しなら、えがお鍼灸整骨院 栗東院にお越しください。
当院では腰痛、肩こり、手足の関節の痛みなどの健康保険の対象となる治療はもちろんのこと、交通事故によるケガの適切な治療をすることができます。
病院に通っていてもなかなか改善しないむち打ち症に関しても、交通事故治療の専門家が患者様一人ひとりの症状に合った治療を施していきます。